簡単!費用も時間もかからない少額訴訟

少額訴訟のメリットについて

少額訴訟のメリット


少額のお金、たとえば賃金とか損害賠償を払ってもらえない、貸したお金などを

 

なかなか返してもらえない場合に、本人が訴訟できる制度をご存知でしょうか。

 

この制度は、弁護士を立てなくても請求ができるので便利です。

 

ただ金額が60万円までと決められていますので、たとえば80万円の請求をした

 

い場合には、何度かにわけて、1度目の訴訟は60万円、2度目は80万円といった

 

具合に請求する必要があります。

 
この制度の大きなメリットは、やはり弁護士を頼まずに本人が訴訟できること、そし

 

て何といっても短期間で判決が出るということでしょう。基本的に1回審理するだけ

 

で判決が言い渡されますので、ふだん忙しくて、なおかつ請求を行う場合にはうっ

 

てつけです。

7-3

 

しかしその反面、1回の判決で勝訴できるように、証拠や証人ををきちんと揃えておく必要があります。また、被告の権利も尊重されますので、被告が希望した場合には、通常訴訟に移行することもあります。判決が出た場合には、仮執行宣言といって、判決の確定を待たずに、相手の財産や給与に対して強制執行を行う権利が付与されます。
なお、この制度は1年に10回までしか利用できません。普通は10回も利用することはまずないでしょうが、一応は注意しておいた方がいいでしょう。”