簡単!費用も時間もかからない少額訴訟

少額訴訟のメリットについて

口頭弁論までの流れ


一般的に、裁判所で行われる手続きというのは非常に煩雑になっており、専門家が

 

介入しなければなかなか一般人では敷居が高い状況になっています。

 

そのため、簡易裁判所では訴額が60万円までの案件に限り、従来の訴訟手続き

 

よりも簡単で短期間に進めることのできる方法を用意しています。

 

フローチャートで見てみると、訴状を作成して提出すると、裁判所で内容を審査し

 

て、口頭弁論期日を決めます。

 

基本的にこの手続きでは一回の口頭弁論で結審しますので、事前準備を念入り

 

にしておく必要があります。

 

口頭弁論当日は、証人尋問と訴えの内容についての確認が主な作業となり、

 

そのまま判決または和解に移行します。基本的に相手方からの反訴は認められ

 

ていませんし、追加の証拠提出もできません。

 

したがって、訴状を提出する前に十分な準備が必要になりますが、訴状の書式自体は非常に簡単になっていますし、書記官や事務官が記載方法についてアドバイスをしてくれますので、弁護士や司法書士に依頼できないという人でも、本人訴訟が比較的簡単にできます。費用面でも通常の訴訟よりも安く抑えられていますので、請求金額が少ない場合には、こちらを利用してみるのも良いでしょう。