簡単!費用も時間もかからない少額訴訟

少額訴訟のメリットについて

判決がでたら?


私たちの身の回りには、思わぬトラブルの火種が眠っています。

 

自分の意思とはかかわらず、何らかのトラブルに巻き込まれてしまうことも決して珍

 

しくはありません。数あるトラブルの中でも、特に金銭の貸し借りなどの問題は誰に

 

でも発生してしまう可能性の高いトラブルです。

 
例えば知人にお金を貸したのにもかかわらず、返済日を過ぎても返って来ないな

 

どのトラブルはよくあるパターンのひとつです。大金の貸し借りのトラブルであれ

 

ば、それを取り戻すために訴訟を起こそうと誰もが考えるでしょうが、少額のトラブ

 

ルの場合には訴訟費用や弁護士への依頼料などで費用が掛かってしまうので訴

 

訟を起こすことをためらってしまう人も多いのではないでしょうか。

 
通常の訴訟では時間や費用などの負担が大きくなってしまいますが、それらの問

 

題を解消するためのひとつの手段として手続きが非常に簡略化された少額用の

 

訴訟制度が設けられています。

 
この少額用の訴訟制度では訴訟を起こす際に弁護士の力を借りることなく自分で行えるため、訴訟費用を抑えるというメリットがあります。しかし、この訴訟では、通常の訴訟とは異なり判決の際に被告に対して分割支払いや支払猶予が認められることがあります。そのため、支払猶予などではなく一括での返済を求めるのであれば、少額用の訴訟ではなく通常の訴訟を起こしたほうが賢明となります。