簡単!費用も時間もかからない少額訴訟

少額訴訟のメリットについて

少額訴訟のデメリット


60万円以下の債権の回収などでは、一般的に手続きが簡略された訴訟が行わ

 

れています。このような手続きが簡略された訴訟では通常訴訟と比べてごく短時

 

間の裁判で済み、たった一日の裁判で判決が下されることになります。

 

そのため、裁判のために忙しい時間を遣り繰りする必要もなく、通常訴訟のように

 

裁判費用が掛かるわけではありません。また、訴訟を起こすのにも手続きがとても

 

簡略されているので、わざわざ弁護士へ依頼することなく訴状を郵送すればいい

 

ので訴訟費用について頭を悩ませる必要もありません。

 

この訴訟では裁判自体も簡略化されており通常訴訟のように法廷で案件を争うわ

 

けではなく、裁判官、原告、被告が同じテーブルを囲んだ上で話し合うことになる

 

ため、精神的なストレスを受けにくいといったメリットがあります。

7-3

 
しかし、一方でデメリットがないわけではありません。この訴訟の方法では債権の回収などで請求できる金額の上限が設けられています。つまり、60万円を超える金額を請求する場合には通常訴訟への移行が必要なのです。また、仮に自分が納得のいかない判決内容が下されたとしても、その判決内容に不服を申し立てて控訴することができません。