簡単!費用も時間もかからない少額訴訟

少額訴訟のメリットについて

簡単!費用も時間もかからない少額訴訟


 

少額のお金を貸しているけど相手が返してくれない。
そんな時、あなたならどうしますか。
なるべくなら任意に返してほしいけど返してくれない。でも裁判をしようとすると
費用も時間もかかって、費用対効果が悪すぎる。
そんな時、使える制度が少額訴訟です。
この制度は、60万円以下の金銭の支払いを求める訴えを提起する際に利用する

 

ことができます。
さらに、通常の裁判と異なり、原則として一日の口頭弁論期日で終えることがで

 

き、その場ですぐに判決を言い渡す制度なので、かなり短い期間で判決を得るこ

 

とができます。

af9920062603w

ただ、口頭弁論期日までは1か月近くかかる場

 

合があります。
また、裁判にかかる費用も、郵券や印紙代は

 

通常と変わらないのですが、

 

基本的には本人訴訟でできるような制度になっているので、

 

弁護士や認定司法書士への報酬がかからないのがメリットと言えます
さらに、この制度では、裁判官に裁量があり、支払い猶予や分割払いといった現

 

実に沿った判決を得ることができるので、実現可能性が高まります。
ただ、この制度はあまり一般に認知されておらず、貸金業者が大量の訴訟を提起

 

し、裁判所の事務が進まないといったこともあったので、利用できる回数に制限が

 

設けられています。
日本でもやっと少額のお金であるため泣き寝入りをしなければならなかった人を

 

救える制度ができてきたといえます。